カーナビは便利なものです。危険を伴うこともあり、車種によって目線が下にいくので特に注意しないといけないです。

トヨタの中でもアルファードの存在が光る
トヨタの中でもアルファードの存在が光る
トヨタの中でもアルファードの存在が光る

車種によって異なるカーナビの危険性

私の家の自家用車の車種はヴァンガードです。
もちろんカーナビは搭載しています。
カーナビは便利だと思います。
道や現在地を教えてくれるほか、住所や電話番号やジャンルからの検索や到着時間や有料道路などの案内などたくさんの機能もありますし、飲食や公共施設の案内なども自家用車のカーナビにはついています。
今の車社会で、もし以前のようにカーナビが無くなればほとんどの人が不便を感じると思います。
私も不便を感じます。
ただ、私の場合、一度行った事のある場所は一度でだいたい覚えれるので絶対にないと困るというほどではありません。ただカーナビがあると安心感はあります。
というのも一度旅行先でレンタカーを借りたときにカーナビが搭載されていない車に乗りました。
観光目的だったため急いだりはなかったもののかなり苦戦しながら目的地に行きました。
今まではカーナビが当たり前になってしまっていたので気付きませんでしたが、ないと困ると感じた瞬間でした。

でも、便利だからこその危険もあると思います。
運転しながらカーナビを見てしまうという行為は私も経験ありますが、わからない道だからカーナビをみていいるので前方不注意になります。
一瞬のよそ見が本当に危険なので音声をオンにしていても聞こえなかったりここであっているのか確認したくもなります。
これが危険ではないかと思います。
安全に運転していくなかでカーナビは便利なものなので前方不注意は特に気を付けないと駄目だなあと思います。
車種によったらかなり目線を下げなければいけないこともあるので注意しないといけないと思います。

イチオシサイト



Copyright(c) 2017 トヨタの中でもアルファードの存在が光る All Rights Reserved.